2016年11月28日月曜日

私にとっての一番の親切心

先日、お客様のご様子を伺いに、ご入居先のホームへ行かせて頂きました。
ご入居の当初は、新しい生活に戸惑われ、周囲にも拒否感を示されることがあったようですが、今ではすっかりホームでのご生活にもなじまれ、一緒におしゃべりしたりアクティヴィティに参加したりするようなお仲間も作られていらして、私も本当に安堵しましたし、とても嬉しくなりました。


そもそもご入居をご検討されるお客様、ご家族様方は皆様それぞれに様々なご事情を抱えて弊社にご相談にいらっしゃいます。
ご本人様であれば「出来るならずっと住み慣れた自宅にいたい」、ご家族様であれば「自分たちが介護することが出来れば」などの思いは皆様お持ちでいらっしゃいますが、様々なご事情によりそれが叶わない為に有料老人ホーム等へのご入居を検討され、ご相談にいらっしゃるのです。
そのご事情や思いを少しでも汲み取って、ご入居される方にとってもご家族様にとっても「ここに入居して良かった」と思って頂けるようなホームをご紹介させて頂くことが、私の役割だと思って日々の業務に臨んできました。
それでも、ご入居されるご本人様にとっては精神的にも身体的にも負担は大きなものですし、心からご納得してご入居頂けるとも限りません。むしろ余計なことをして、と恨まれているのではないだろうかと不安になり落ち込む時もありましたし、そんな時には、私の仕事はお客様にとって役に立っているのだろうか、親切心とはいったいどういうことだろうかと考えてしまうこともありました。

ですが、こうしてご入居後に落ち着かれてご生活されているお客様のお姿を拝見出来ることが増えるにつけ、そういった迷いや不安を私が抱いていてはいけないと考えるようになりました。そんな気持ちになっているくらいなら、もっともっとお客様の人生をお聞かせ頂いて、ご家族様の思いをお聞かせ頂いて、例えご本人様に拒否感を示されたとしても「ここなら大丈夫ですから」と自信をもってお勧めできるようになることが、私にとっての一番の親切心だと思うようになったからです。
まだまだ試行錯誤の連続ですが、これからもその気持ちをもって頑張ろうと思います。


新宿相談室  遊佐 理真




2016年11月27日日曜日

私も見習います

 先日、ゆうらいふ世田谷の施設見学に行ってまいりました。

前日の急な見学のお願いでしたが、快くご対応いただきまして、昼食の試食までさせて頂きました。

見学時もとても丁寧な対応していただきました。また試食時にはシェフの方が料理のご説明をいていただいたり、また見学終了時には、ご見学のお礼のメッセージカードを頂きました。

大変感動したと同時に自分も見習わないといけないと感じました。


2016年11月23日水曜日

笑顔の素晴らしさ


 
最近、笑顔って素晴らしいなって感じた日がありました。
 
先日、いとこの子供に会ってきました♪
会ったのが1年ぶりくらいだったので、
私のことも覚えてなくてとっても恥ずかしがっていました!笑
(後にりんごジュースを渡したら懐いてくれました笑)
 
まだ小さいので言葉をあまりしゃべれません。
なにか言えてもまだはっきりとは答えられないようなそんな状況でした。
 
一緒に遊んでても何をしたいのかいまいち分からない…笑
1回なにかにハマると何回もやりたがるし…笑
(つたない言い方で、もう1回あそぼ~ってかわいく言われるので遊んであげちゃうんですけどね笑)
 
いっぱいお話しできるわけではないのに、
なんだか幸せな気持ちになるんですよね~…
 
なんでかなぁなんでかなぁ
 
って考えてたら、
常に笑顔でいてくれてたことに気がつきました!!
いとこの子供が常に笑っていてくれるので、私まで笑顔になれてたんですよね♪
 
言葉がなくても笑顔があればこんなにも気持ちが温かくなるもんなんだなと感じた1日でした(*^^*)
 
サービス付き高齢者向け住宅募集センター
高根沢(たかねざわ)
 
 
 

袖振り合うも多生の縁

新宿相談室の石田です。

少し前の話なのですが、今年の夏、特に暑かった日のことです。


ちょうどお昼頃、私は京王線の調布駅でバスを待っていました。

日差しが強い日で屋根もなく、じっと暑さに耐えていると

後ろに並んでいたご高齢の女性の方が日傘を私の方に傾け、

「お顔だけでも。」と日差しを遮って下さいました。



私は驚いて、「ありがとうございます。大丈夫です」と遠慮していたのですが

「あなた色が白いから、焼けちゃったら大変よ。」

とずっと傘を傾けて下さっていたので、ご好意に感謝しお言葉に甘えることにしました。



道が混んでいてバスがなかなか来なかったこともあり、

その日のお買い物の話や、かなり前から調布に住んでいらっしゃることなど

色々なお話を聞かせて頂き、まさに『袖振り合うも多生の縁』だなと思いました。


私達の世代には、小さな親切心運動は特別なことのように感じますが、

ご高齢の方は自然に、当たり前にしていることなのかもしれません。


バスを降りる際、その女性の方の前を通りながら

「ありがとうございました」と伝えると会釈を返して下さり、

さらに温かい気持ちになりました。



自分も、日傘は少しハードルが高いですが

小さなことから実践していきたいです。

2016年11月21日月曜日

チーム

そごう横浜9階、サービス付き高齢者向け住宅募集センターの廣瀬です。
私は今、強くつよく、感じていることがあります。
  • ひとりでできないことも、ふたりでやれば乗り越えられること。
  • ひとりでつらいことも、皆でやれば楽しくできること。
  • ひとりでは成し遂げられないと思ってしまうことも、ひとりじゃないと分かると成し遂げれると思えること。 

こう感じるのは、職場の方々からの沢山の親切心を頂いているからです。
私たちサービス付き高齢者向け住宅募集センターを、社内では「サ高住チーム」と呼んでいます。
接客をするその瞬間は、お客様との1:1の関りですが、その実は"チームプレー"なのです。
横浜に異動して3か月と少しばかり。
いつも親切にして頂いているばかりではなく、チームの一員としてもっと動いていきたい、、、
そんなことを思ったのでした。

サービス付き高齢者向け住宅募集センター 廣瀬


2016年11月19日土曜日

クリスマスの飾りつけ

こんにちは。
サ高住チームの山口です。

秋もすっかり終わりをつげていますね。
そごうはクリスマス仕様になっています。

サ高住の店頭もクリスマス仕様になりました。
スタッフが試行錯誤しながら、楽しく飾りつけしていました。

まだお越しいただいていない方は、是非、そごう横浜店9階まで
足をお運びくださいませ。

サービス付き高齢者向け住宅のことが分かる情報誌を作りました!


こんにちわ。サービス付き高齢者向け住宅の星野です。

お元気な方のお住み替えを応援する冊子を作成しました!

「あしたのわたし」という雑誌で、11月中に店頭に設置いたします。















「住まいを替えるとくらしが変わる」をテーマに、全12ページで、

実際にお元気な時からサービス付き高齢者向け住宅にお住み替えされました

女性3名様にインタビューをさせて頂き、

サービス付き高齢者向け住宅にお住み替えを検討された経緯と、

ご入居後のご様子などの内容が盛り込まれてます。

また、サービス付き高齢者向け住宅でご提供をしている

お食事のご紹介などもさせて頂いております。

この場をお借りして、「あしたのわたし」の作成にご協力頂きましたお客様と、

サービス付き高齢者向け住宅の運営会社の方々にお礼を申し上げます。

本当にありがとうございました。とても良いものが完成しました。


この雑誌で、お元気なうちからのお住み替えをご検討されている方々へ、

少しでも生活の様子をイメージして頂き、背中を押すきっかけになれたらと思います。

「あしたのわたし」をめがけて、是非お気軽に店頭にお立ちよりください。



              神奈川ロイヤル㈱サービス付き高齢者向け住宅募集センター 星野 千鶴