2017年3月20日月曜日

再会そして、

新宿相談室の廣田と申します。
先日自宅近くの交差点に車椅子のご婦人が一人で座っていて一人で大丈夫かな?と思いつつも先を急いでしまいました。その後バス停で待っているとその方が通りすがる人に声をかけて、道を尋ねていて、通りすがった高校生が自転車を止め話を聞き道を案内していました。ふと我に返り、そのご婦人の近くに行き二人の会話を聞くとこの近くの神社に行きたいとの事で高校生は、「道案内は出来るけど時間がないからごめんなさい。」と話していたので、声をかけ場所まで送りますよと伝えるととてもうれしそうな笑顔を返してくれました。
自分自身先ほど素通りしてしまった後ろめたさがあって最初あまり顔を見れなかったのですが、良く見ると以前ご利用頂いた事のあるご利用者様でした。私の顔は覚えていないようですが、昔のように素敵な笑顔でした。自分自身気づきがあったのに見過ごしてしまっていることに反省しました。あの高校生が、足を止めて対応してくれなければさ再会はなかったと思います。
常に「目配り・気配り」の大切さを痛感致しました。
担当のケアマネにご連絡し無事ご家族と再会しご自宅に帰らる姿を見て少しお役に立てたかなと
安堵しました。