2018年1月30日火曜日

再び繋がった親子の絆

1月にご対応させて頂いたお客様のお話です。ご相談者様は93歳の男性で現在ケアハウスにご入居されていらっしゃいます。昨年転倒、骨折などあり、自立向けであるケアハウスでの今後の生活に不安を覚え転居をご相談くださいました。

ご要望を伺いまして、3施設をご案内させて頂く中で、運転する車の助手席でご本人様は今までの経歴、戦争のこと、仕事のこと等いろいろとお話しいただけました。その中で、息子様のお話にもなりましたが、聞くところあまり仲が良くなく、ご本人様も息子様の世話にはなりたくないとのことでした。

無事施設が決まりましたが、身元保証人はどうするという話にもちろんなりました。最初は茨城に住む妹さん、群馬に住む娘さんという話もありました。しかし、一番最寄りの息子様に、身元保証人にはなってもらいたくないのか、候補としても名前がでてこなかったので、「緊急時の対応も含めて最寄りの方がなるのが一番ですよ」という話をさせていただきました。そこで、「一応電話して頼んでみるか」という話になりました。が、お互い過去にいざこざがあったのか、その電話でも喧嘩してしまったようでした。ご本人様はもう転居もだめかもしれないと落ち込んでいらっしゃいました。

その2日後、息子様から私にお電話があり、今回の転居の件、お父様が希望する老人ホームの件等、いろいろと質問していただき、お応えさせていただきました。そのことをご本人様にお話ししたら、「本当!?そうか~!良かった良かった~」と泣いて喜ばれていました。その涙は、新しい転居先が決まった喜びではなく、息子様が自分のために動いてくれた、自分のことを考えてくれていたという喜びの涙に私は見えました。

今ではご本人様は「やっぱり頼るべきは息子だな」とおっしゃられていて、私がお会いするたびに息子様のお話をしてくださいます。時には涙をながしながら。ご本人様の転居先をご案内できたことはもちろん、お父様と息子様の関係が再び良くなるきっかけになったと思うと、少しは役に立てたのではないかと思っています。



新宿相談室 黒澤 勇樹

長年お一人住まいだった90代の方が突然動けなくなり…。

東京ロイヤルの長尾と申します。

都内に長年お一人住まいの90代女性の方の事です。

頭もはっきりされて凛とした素敵な方でした。

ある日転倒されて歩けなくなってしまい、ご入院されて検査しても、違う病院で検査しても原因が判らない状態でした。

娘様は、車で1時間以上かかる所にお住まい、仕事でお忙しい中時間を見つけて、ご自宅にお連れになったり、色々と気遣いしていらっしゃいました。

当初私への相談は自分の仕事が忙しい間、定期的にショートスティを利用しようかと思っているけど、どこか良い所ないかしら?とのお問合せでした。

ご利用のタイミングもあり、不特定な施設をあっちこっちでは、お母様は落ち着かないのではないですか?お母様に合うようなホームを参考に見学してみませんか?とお勧めしました。

 娘様がお母様に話したら「私も見たい。」との事、早速3人で見学しました。説明を聞き終わって、お母様からひと言「私はここがいいわ。」お母様の即断に娘様はびっくり。

お仕事が忙しい事もあり、早々にご入居頂きました。

ご入居頂いた後も、娘様としては自分が親の介護をするべきだったのに…等、色々考え込まれているご様子でした。ご入居されて1週間後、娘様から「お母さんの顔を見てほっとした。」と、お電話頂きました。その後娘様とお会いした時には、とても明るい表情で、入居3週間くらいして初めて夫婦で面会に行った時に、ご主人が驚いて一言「お母さん、あんないい顔するんだ。」、その言葉を聞いて、これで良かったんだと納得したとの事でした。

そのお話を聞いて、私もとっても幸せな気持ちになりました。

その後、ホームに伺う機会があり、お母様とお話できたのですが、同行していたお客様からも、「素敵な方ですね、あんな風に過ごしてくれたらいいですね。」と言われました。

 今後とも、ご高齢の方や、そのご家族の皆様に笑顔になって頂ける様な、幸せのお手伝いをしていきたいと思いました。





2018年1月29日月曜日

取り戻した笑顔

新宿相談室の岡です。
昨年ご相談頂いた方のお話を綴らせて頂きます。


ご自宅が火事になってしまい、
急遽住替え先のホーム検討を余儀なくされた方のご相談を頂きました。
ご相談頂いた際は、火事のショックから、当然ですがとても落ち込んでおられるご様子でした。
ホーム選定はもちろんですが、自分が出来る事であれば可能な限りお手伝いしようとその時決意しました。
お客様より、ほぼ “着の身着のまま” で出てきたとの事で、 「自宅に行き荷物の整理などがしたい」とのご意向を伺い、 行政が用意した住まいとご自宅までの送迎及びご自宅の整理を計2日間お手伝いさせて頂きました。 入居当日は、少し大きな車を用意し、
①ご本人様のお迎え ②ご自宅に寄り、荷物搬送
③途中家具屋により家具購入のアドバイス
④到着後、お部屋までの荷物搬送
と、お手伝いさせて頂き滞りなくお引越しも完了しました。
私が関わることで引越し業者を頼まなくて済みましたので、その点では貢献できたかなとは思います。  「本当に、なにもかもいろいろ有難うございました」と何度も感謝の言葉を頂きました。
ご本人様とは、数日間の関わりですが、とても良い関係が構築できたように自分でも感じ、
「ここにまた会いに来てね」と笑顔でおっしゃって頂きました。 「わかりました、必ず来ます!!」と固い握手を交わし、ホームを後にしました。
初めてお会いした当時は火事のショックから、笑顔がまったく見受けられなかったのですが、
私が帰る際は笑顔を見せてくれました。
お客様が笑顔を見せて頂けたのが一番印象的で、本当に嬉しく思いました。

2018年1月17日水曜日

幸せのお手伝い

明けましておめでとうございます。
多摩相談室の出原です。
2018年も、これまで以上にご相談される方に寄り添い、
出来る限る、皆様の理想に近いお住み替えのお手伝いをさせて頂きます。

今年のロイヤルハウジンググループの新しいテーマは、タイトルにもありますように
「幸せのお手伝い」です。

我々は何故働くのでしょうか???
もちろん、生活の為、お金を稼ぎ、家族を養い、税金を納めるためです。

しかし、それでだけでは、人生はあまりにもつまらない!
プライベートを充実させて、仕事は仕方なくやっている方も多いと思います。
私も以前はそうでした(笑)

相談員の仕事をするようになって、「ありがとう」 という言葉をたくさんの方から
頂いて、本当に 「やりがい」 を感じています。

これからも、一人でも多くの笑顔に出会える相談員へと、さらに精進してまいります。
お困りな事がございましたら、多摩センター駅、イトーヨーカドー4階までお越しください。
お待ち致しております。


多摩相談室  出原 彰徳




2018年1月16日火曜日

お手伝い

私には、2歳4ヶ月の子供がいます。
息子が2歳を過ぎた頃から、色々なお手伝いをしてくれるようになりました。○○を取ってきてとか簡単なことですが、嬉しそうに満面な笑みで手伝ってくれます。いつも快く手伝ってくれる息子を見ていると、頼んだ自分もなんだか嬉しい気持ちになります。頼まれた側が気持ちよくお手伝いをすることで、頼んだ側も嬉しい気持ちになるということを息子を見ていて改めて気づかされています。
私たちは、「幸せのお手伝い」というテーマを持って仕事に取り組んでいます。ご相談を快くお受けし、相談をして良かったと思っていただけるようこれからも心掛けていこうと思う今日この頃です。

本年もよろしくお願い致します。

多摩相談室 植松

本年もよろしくお願い致します!

多摩相談室の臼井です。

私が多摩相談室に配属になってあっという間に1年が過ぎました。
お客様に様々なご相談をいただき、日々勉強させていただいております。
また各事業所、各施設のご担当者様にもご協力いただいており、横の繋がりの大切さを身にしみて感じております。

今年度も高齢者福祉、地域福祉はじめ色々なシーンに対してアンテナをはり、ご相談いただいたお客様に対して「インターネット以上の生の情報」をお届けできるよう努めてまいります。

よろしくお願い致します!


2018年1月14日日曜日

介護にならない住まい


2018年もスタートし二週間経ちました。一週間前はお正月の雰囲気もありましたが、
もう通常の日常に戻った毎日です。

年始早々に当店で初めて入居募集のお手伝いをさせて頂きました、サービス付き高齢者向け住宅のご案内に行きました。今年で開設してから7年目に入り、平均年齢が85歳のサービス付き高齢者向け住宅です。マンション内に行き交う入居者様とたくさんすれ違いご挨拶をその時にしたのですが、皆様お変わりなくお元気でした。その当時はサービス付き高齢者向け住宅の制度ができたばかりで、「お元気なうちから住み替える。」という方も少なかったのですが、6年前に住み替えた皆様が今90歳近くを迎えてもお元気な様子を見ると、やはりご自身が決断した場所に住み替えて、それがその方に合っている住宅だったら、介護にならない生活を送れるんだということを改めて感じた年始早々の出来事でした。

サービス付き高齢者向け住宅募集センターでは、ご相談に来られるお客様が介護にならない、いつまでも元気な毎日をお過ごし頂ける、その方に合った住み替えのご提案を目標に今年も尽力致します。

本年も、よろしくお願い致します。

サービス付き高齢者向け住宅募集センター 星野 千鶴

2018年1月13日土曜日

真のおもてなし

先日乗った電車での話です。


休日だったこともあり車内は賑わっていて、
空席はなく私は窓のそばに立っていました。
するとある駅でおばあさんが乗ってきました。
よく見るとどうやら外国人の方のようでした。
自宅が横須賀なのでよくお見掛けします。


誰が席を譲るのかなと見ていると
席を立ったのは小学生くらいの男の子でした。
偉い子だなぁと思って感心していると、男の子は
おばあさんに向かって英語で一言つぶやいたのです。
「Take my seat,please.」
するとおばあさんはにっこりとお礼をし、笑顔で席に座りました。


子供におもてなしのお手本を見せられてしまいました。


サービス付き高齢者向け住宅募集センター
和田

2018年1月12日金曜日

ご来店お待ちしております


はじめまして。

サービス付き高齢者向け住宅募集センターの池田と申します。

私たちはそごう横浜店の9階に店舗を構えておりますので、偶然通りかかったお客様が

店頭のチラシや掲示物を見られることも多いのでその際はお声掛けをさせて頂いております。

ちょっと見ているだけだから大丈夫です・・・とその場を離れてしまうお客様もいらっしゃいますが、

時にちょっとした雑談になったり、今の現状のお話をして下さる方もいらっしゃいます。

少しでも興味を持って下さるお客様がいらしたら疑問など少しでもお答えしてお役に立てればと

思っておりますので、皆様のご来店を心よりお待ちしております!

茶話会

サービス付き高齢者向け住宅募集センター
海老本です。

昨年末に新築住宅入居開始から約半年、ご入居者様の人数も増えて
初めての茶話会を開催しました。
ご参加人数は、ご入居者様の約8割!皆さん待ちに待った交流の場
となったようでした。
まず、お一人ずつの自己紹介に続き、お茶やお菓子をいただきながらの
談笑。同じ建物内なので皆さんお顔は大体わかっていたけれども
どんな方なのか、どちらからお引越しされてきたか、ご趣味は?などこの場で
お喋りされ和やかなひと時をお過ごしいただきました。
わたしはこの建物のご案内、ご契約など携わることがあったので
お顔なじみの方も多数いらっしゃいました。私が訪問すると皆さん
温かく迎えてくださいます。“元気だった?”“寒いから体調に気を付けてね”
などお声がけいただき、かえって私の方が元気を貰いに行っている状況です。
今年も引き続き皆さんの笑顔に会えるようお手伝いが出来れば嬉しいです。

2018年1月7日日曜日

1年の始まり

 新年おめでとうございます。
皆さま今年もどうぞよろしくお願いします。

サービス付き高齢者向け住宅募集センターの鈴木です。
私にとっては、毎年元旦の定例行事となっております
障がい者乗馬のイベントにお伺いしました。

横浜市青葉区にある動物病院の院長先生が30年以上前から
続けている活動で、神奈川県立こども医療センターでも
「馬とふれあう」イベントを開催しております。

毎年元旦には病院近くの牧場から1時間ぐらいの時間をかけて住宅街をまわっています。

神社にお参りするために5分くらい立ち止まるとすぐに近所の方が集まり撮影会が始まります。

障がいをお持ちの方が馬に触れていると、笑顔になり、気持ちが落ち着くそうです。

1人でも多くの方に支援をしていただき、
1日でも長くこの活動を続けて欲しいと思います。
また、こういう活動を見本にし、
ロイヤルで掲げる「しあわせのお手伝いに」に役立てることが
できればと思います。

本年もよろしくお願いいたします。

本年も元気よく過ごすのが目標の馬場です。

ブログをご覧の皆様、本年もよろしくお願いいたします。

私達の仕事は、ご入居のお手伝いをして完了ではなく、ご入居されてからがお付き合いの本番となります。

昨年末に参加しました、「グランドマスト横浜浅間町」https://sakoujyu.net/facility/2009/で行われた入居者イベント「クリスマスコンサート」の様子を紹介します。

 
約40名の入居者様にご参加いただき、ヴァイオリンの演奏とお酒や軽いお食事を楽しんでいらっしゃいました。
お顔を写せないのが残念ですが、ヴァイオリンの伴奏に合わせ数名の方から素敵な歌声を聞くことが出来ました。
 
私は、ご入居予定の方を招待し入居後の生活がスムーズに始められる様にお手伝いさせていただきました❤
 
 
今年も皆様のお力になれるように、頑張ります('◇')ゞ

幸せそうなお母さん

はじめまして。
サービス付き高齢者向け住宅募集センターの渡邉です。

会社で取り組んでいる「小さな親切心」で思い出した、最寄り駅ホームでの出来事をお話します。

ベビーカーを押したお母さんが、まだ生まれて数か月と思われる赤ちゃんに何か話しかけています。
通り過ぎた際に聞こえてきた内容に、心が温かくなりました。

「〇〇ちゃん、電車が〇〇駅まで連れて来てくれたよ。うれしいね。」
「〇〇ちゃん、今日は良い天気だね。幸せだね。」

思わず振り返ってしまいました。
赤ちゃんは寝ているようでしたが、お母さんはとても幸せそうでした。
エレベーターまで少しゆっくり歩き、ベビーカーが到着するころ扉を開けて待ちました。

お母さんは私に向かってにっこり「ありがとう」。
そして赤ちゃんに向かって
「〇〇ちゃん、エレベーターに乗せてもらったよ。うれしいね。」
エレベーターの中は幸せでいっぱいになりました。



2018年1月6日土曜日

一年間のお礼状

こんにちは。
サ高住チームの山口です。


サ高住チームでは年末に2017年ご入居された方へのお礼のカードをお送りしました。
クリスマスシーズンでもあったので、素敵な仕上がりになっていました。
カードが皆さまの新居に届いたころお礼のメールがわたしの元に届きました。


「素敵なカードをありがとう。まだ段ボールのままの荷物もありますが、思っていた以上に快適に夫婦で暮らしています。売却もスムーズに行うことができたし、引っ越しも無事にでき、山口さんのお心遣いのおかげです。近くへ来たら顔を出してください。」

と、嬉しいお言葉をいただきました。
素敵な恩返ししていただき、とても嬉しかったです。

引き続き今年も皆さまの幸せを考え、過ごしていきたいと思います。

本年も何卒宜しくお願い致します。  山口

今年度の目標!

あけましておめでとうございます。

2018年は会社のテーマにも掲げている【幸せのお手伝い】を仕事だけではなく、
プライベートでも出来るよう取り組んでいきます。

そのためにはまず、自分自身の心・身体を充実させないといけません。

自分自身の重点テーマ

①体力作り ~程よい運動~

②規則正しい食事 ~一日3食、夜食なし~

③十分な睡眠 ~一日6時間~

以上を例年以上に気を使い、【幸せのお手伝い】をたくさんしていきます!

サービス付き高齢者向け住宅募集センター
遠藤